--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 Blog Ranking

2009-02-27(Fri)

愛知県豊橋市で鳥インフルエンザ発生

27日のニュースからです。
愛知県豊橋市で、鳥インフルエンザが発生したとのことです。
今回感染していたのはウズラでした。

鳥インフル 愛知・豊橋でウズラ2羽 H7亜型弱毒性

採卵用ウズラ農場のウズラから発見されたそうで、
国内では感染例の少ないH7亜型のものだそうです。
発生した農場には現時点ではウイルス感染で
死亡したウズラはいないそうです。

発生した農場の成鳥ウズラは処分される予定だそうです。
人間へ感染する可能性も極めて低く、
弱毒性の可能性が高いということですから
感染もあまり広がらずに収まりそうな予感です。

なお、各所で言われていますが、
「鳥の肉や卵を食べた結果
人間が鳥インフルエンザに感染した」

という報告は、今のところありません。

トリインフルエンザ - Wikipedia

今回鳥インフルエンザが発生した愛知県豊橋市は
ウズラの卵の生産量が全国一位らしく、
この一件でまた風評被害が広がることのほうが
個人的には恐ろしかったりします。

食の安全を守るためには厳しい目と冷静な対応が
大切なのではないかなと思います。


スポンサーサイト

theme : 食に関するニュース
genre : ニュース

FC2 Blog Ranking

2008-10-30(Thu)

冬でも食中毒に注意!

最近寒くなってきましたね。
この季節ならではのおいしい食べ物は多いですが、
今からがシーズンの病気もたくさんあります。
冬に流行するのは、風邪やインフルエンザだけではないんです。

ノロウイルスで小学校臨時休校 170人感染か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081030-00000082-san-soci


ノロウイルスによる食中毒が多い時期も冬なんですね。
菌やウイルスによる食中毒、と言うと夏に多いような印象がありますが、
このノロウイルスは、11月から1月という寒い時期に流行します。
高い感染力をもっている上に、100個以下というわずかな量のウイルスでも
感染例があることもあり、人から人への二次感染が特に警戒されています。
また、近年は多数の感染者を出している事や感染シーズンが早まっていること、
そして2006年からの大規模流行の影響で知名度が高まった事から、
近年特に話題になっている冬の病気です。

厚生労働省:ノロウイルスに関するQ&A
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html


症状は下痢・嘔吐・発熱などで、
たいていの人は1~2日で回復する軽症で済みます。
しかし子供や高齢者の方、そして体力の低下している方は、
下痢や嘔吐による脱水症状で体力を消耗したり
吐いた物が気管につまったりする事により、
死んでしまう可能性もありますので注意が必要です。

予防方法は十分な手洗い食品の加熱
そして塩素系の消毒液での殺菌なのですが、空気感染もする事から
集団感染になりやすい事が特徴です。
特に、感染した人の吐いた跡を
塩素消毒せずにほうっておくと
どんどん感染が広がってしまうおそれがあります。

ノロウイルスが食事から人に感染する場合は
二枚貝(カキ、シジミ、アサリ、ハマグリなど)を
生の状態や加熱が不十分な状態で食べたことにより
感染するというルートがよく知られています。
ノロウイルスによる食中毒が冬に多く発生するのは、
カキを生で食べる人が多いからだといわれていましたが、
生で食べる機会が多いので、カキが悪者にされがちなだけで、
実は他の二枚貝でも生ならば感染する確率は同じなんです。
ウイルスがついている可能性がある食材でも、
十分に加熱(85℃以上で1分以上)すると感染の恐れはないそうです。

なお、売られているカキには
「生食用」と「加熱用」がありますが、
「生食用」のカキは生で食べても大丈夫なように殺菌処理した物で、
「加熱用」のカキは剥いたままの状態だそうです。
処理をしてある分「生食用」はうまみが少なくなっていることが多く、
加熱する食べかたの場合は、「加熱用」のカキを使ったほうが
よりおいしく食べられるそうですよ(^^)

これからもっと気温が下がりそうな気配ですので、
秋冬の旬の味覚でたっぷり栄養をとって
寒さや病気に負けない暮らしを心掛けたいですね^^


theme : 健康生活:病気・治療法
genre : ヘルス・ダイエット

FC2 Blog Ranking

2008-10-21(Tue)

食品による窒息死事故について

こんにゃくゼリーによる窒息死事故の報道をきっかけに、
「食べ物による窒息事故」への関心が高まっています。
そんな中、悲しいことにまた窒息事故がおこってしまったようです。
しかし今度の原因はこんにゃくゼリーではなく、給食のパン

小6男児、給食のパンを喉に詰まらせ窒息死
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081021-00000520-san-soci


原因のパンは柔らかいものだったようですが、
この亡くなった小学生の男の子は
どうやらパンを手でつぶして
結構な量を一口で食べてしまったようです。

救急処置や病院への搬送など、
周囲の対応も、記事を見る限りは間違ってはいないようですし、
食べ物をのどに詰まらせる事故というのは
本当に身近なものなのだと思い知らされます。

事故のあった小学校にはカウンセラーが派遣されたそうです。
周りの子供たちにとっても、かなりショックなことだと思います。
心のケアがきちんとなされることを願うとともに、
事故で亡くなった男の子のご冥福をお祈りします。

そういえば私が小学生の頃の給食の時間にも
「食パンを丸めて固めのボール状にして食べる」
という、今にして思えば危険な食べ方が
流行していたことを思い出しました(-_-;)

ところで、こんにゃくゼリーパン以外にも
窒息事故の原因となる食品は多数存在します。

「こんにゃく入りゼリー」よりものどに詰まって死亡した件数が多い危険な食べ物ベスト10
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20081001_chissoku/


この記事では、食品がのどに詰まった事故件数を集計したそうですが、
1位は予想通りに「もち」で、今回の事故の原因の「パン」は2位。
そしてなんと「流動食」による事故が8位になっています。
……ここまで来ると、実は「のどに詰まらない食品」の方が
珍しいのではないかと思ってしまいます。

柔らかい物が多くなり、
「一口につき30回噛む」という
昔から言われてきた健康的な食べ方では
噛んでいるうちに口の中から無くなってしまうような
料理やお菓子も出てきた昨今ですが、
「よく噛んで食べること」についてもう一度
考えるべき時期に来ているようです。


theme : 食に関するニュース
genre : ニュース

FC2 Blog Ranking

2008-09-22(Mon)

メラミン混入乳製品事件

今、事故米事件と共に大きく報道されているのが
中国でのメラミンの混入事件です。

今朝読んだ報道によると患者が5万人を超えたとのことです。

【メラミン混入乳製品】乳幼児患者5万人超す 中国

これに関連して、中国国内のスタバでは
ミルク入り飲料を発売中止したという報道がありましたが、
このメラミン混入乳製品は中国国内だけでなく
全世界的に影響を与えそうな様相を示しています。

現に日本でも
丸大食品の一部の商品にメラミン混入の疑いが出て
自主回収ということになりました。

メラミン食品 日本人も食べていた

事故米事件といい、メラミン混入事件といい、
お金が儲かれば人が苦しんでも構わないという態度に
非常に怒りを覚えます。


日本でもかつて似たような事件がありました。

森永ヒ素ミルク中毒事件 - Wikipedia

この事件により
日本人の食の安全に対する意識が
高まったのだと思いますが、
中国においても今回のメラミン混入事件を教訓にして
中国国民全体の食に対する安全意識が
高まってくれることを心から願います。

もちろん日本の食に携わる人すべても、
もちろんビオラヴィスタッフ全員も、
食の安全に対する意識を
高めていかないといけない事件だと思います。
担当:Y

安心食材

theme : 食に関するニュース
genre : ニュース

FC2 Blog Ranking

2008-09-10(Wed)

事故米使用食品の自主回収

前回の記事にも書きましたが
三笠フーズの事件が連日報道されています。

そのような中で、商品の自主回収を始めたメーカーが出てきています。

事故米で作った焼酎を自主回収 鹿児島のメーカー1社

このニュースの後にも何社かが事故米を使ったことを公表し
商品の自主回収を始めたと聞きました。

調査をしている農林水産省が
商品化したメーカーを公表しない状況下で
このように自主的に公表し商品回収を行ったメーカーを
私Yは高く評価したいと思いました。


商売の基本はお客様からの信頼ですよね。

黙っていればわからない状況で
自分の作った物がお客様の健康を害するかもしれないと知って
たとえ会社が大赤字になろうとも公表し
商品回収するのはとても立派なことだと思います。

この「お客様の安全を一番に考える」というあり方が
食品メーカーの基本的姿勢であるべきですし、
これがあってこそお客様の信頼を得られるのだと思います。

私Yはこういう責任のある行動が取れるメーカーを
信頼したいと思いました。


ちなみに私Yは焼酎好きなので、
今後、こういったメーカーの焼酎を見かけたら
進んで購入したいと思っています。

そして、こういうメーカーが今回の事件で
倒産するなどという悲劇が起こらないように
切に願っています。

theme : 食に関するニュース
genre : ニュース

FC2 Blog Ranking

プロフィール

ビオ ラ ヴィ

Author:ビオ ラ ヴィ
オーガニックな食品、無添加無農薬で安全な自然食品をお届けする通販専門ネットショップ Bio La vie (ビオ ラ ヴィ)のブログへようこそ!

クリック募金
クリックで救える命がある。
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索
Google

ブログ内を検索
WWW を検索

Googleに接続しにくい時は
ボタンを数回押してみてください。
なおGoogleに記録されていない
ページの語句は検索されません。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

QRコード
QRコード
おススメの逸品
今日の献立レシピ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
オーガニック関連記事紹介
カウンター

現在の閲覧者数:
SEO関連
RSSフィード

My Yahoo!に追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。